2019年7月20日土曜日

田戸式土器の分布及び沈線文土器まとめ分布

縄文土器学習 202

縄文土器形式別出土遺跡分布図を作成しています。この記事では縄文早期沈線文土器の田戸式土器の検討と沈線文土器のまとめ分布図作成を行います。

1 千葉県 田戸式土器出土遺跡分布図

千葉県 田戸式土器出土遺跡分布図

千葉県 田戸式土器出土遺跡分布ヒートマップ
三戸式土器とほとんど同じパターンを示します。

千葉県 田戸式土器出土遺跡分布ヒートマップ 拡大

千葉県 田戸式土器出土遺跡分布ヒートマップ 拡大
大須賀川流域ときれいに遺跡密集域が重なります。大須賀川流域という個別流域空間がこの時期の縄文社会を考える上で特別な意義を有していることがわかります。

田戸式土器出土遺跡263のうち218(83%)遺跡が細分情報として記載されています。

千葉県 田戸式土器出土遺跡 細分情報の有無
この細分情報をグラフにするとつぎのようになり、田戸下層式が殆どを占めます。

千葉県 田戸式土器細分情報別出土遺跡数

2 千葉県 沈線文土器出土遺跡分布図

千葉県 沈線文土器出土遺跡分布図
三戸式、田戸式および「沈線文土器」「無文土器」を合わせた316遺跡の分布図です。

千葉県 沈線文土器出土遺跡分布ヒートマップ
田戸式のヒートマップと酷似し、大須賀川流域に遺跡密集域が集中します。

3 考察
沈線文期の貝塚及び遺跡分布図が「千葉県の歴史 資料編考古4(遺跡・遺構・遺物)」に掲載されています。

沈線文期の貝塚と遺跡分布図
貝塚は城ノ台貝塚1箇所だけですが存在しています。
この図及び2019.07.19記事「井草式土器の分布」の考察から沈線文期も次のような縄文社会を想定します。
ア 縄文海進が進んで大須賀川の近くまで海面が広がってきた。
イ 海面近くで縄文人は漁労専門の出村をつくり貝塚が出来た。そのほとんどは後に波蝕台形成により破壊されたり沖積層の下に埋没した。残存したのは城ノ台貝塚だけとなった。
ウ 沈線文期も社会構造は「狩本村+貝塚出村」であったが漁労の比重が高まり、それに引きずられて撚糸文期と比べると狩本村の位置が海側に移動した。(海に出やすい大須賀川流域に狩本村が移動して、貝塚出村との関係がより密接になった。)

参考 仮に-30m等深線の位置に海があった時の貝塚と海の関係
2017.02.10記事「千葉県の貝塚学習 縄文時代早期前葉 追補
波蝕台(薄墨色)は海進で浸食された台地であり、その部分に存在した貝塚はすべて喪失したと考えられます。

4 参考 千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

三戸式土器の分布

縄文土器学習 201

縄文土器形式別出土遺跡分布図を作成しています。この記事では縄文早期沈線文土器の三戸式土器について検討します。

1 千葉県 三戸式土器出土遺跡分布図

千葉県 三戸式土器出土遺跡分布図
55遺跡がプロットされています。

千葉県 三戸式土器出土遺跡分布ヒートマップ
遺跡集中域が成田市市と香取市境付近に集中しています。

千葉県 三戸式土器出土遺跡分布ヒートマップ 拡大図

千葉県 三戸式土器出土遺跡分布ヒートマップ 拡大図
三戸式土器遺跡集中域は大須賀川流域とオーバーラップしているように観察できます。

2 参考 千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

2019年7月19日金曜日

花輪台式土器の分布及び撚糸文土器まとめ分布

縄文土器学習 200

縄文土器形式別出土遺跡分布図を作成しています。この記事では縄文早期の花輪台式土器について検討するとともに撚糸文土器まとめ分布図を作成します。

1 千葉県 花輪台式土器出土遺跡分布図

千葉県 花輪台式土器出土遺跡分布図
19遺跡がプロットされています。

千葉県 花輪台式土器出土遺跡分布ヒートマップ

2 千葉県 平坂式土器出土遺跡分布図

千葉県 平坂式土器出土遺跡分布図
1遺跡がプロットされています。

3 千葉県 撚糸文土器出土遺跡分布図

千葉県 撚糸文土器出土遺跡分布図
井草式、大丸式、夏島式、稲荷台式、稲荷原式、花輪台式、平坂式のほか「撚糸文」土器出土が記載されている遺跡(133)を加えると全部で392遺跡になります。

千葉県 撚糸文土器出土遺跡分布ヒートマップ
井草式土器出土遺跡分布ヒートマップと較べると遺跡密集域が成田空港付近から台地軸に沿って南南西に分布を広げているように観察できます。九十九里の低地(まだ沖積地ではない)を眼前に見下ろす台地縁が列状に遺跡密集域になっています。
井草式土器の項で検討したように、これらの貝塚を伴わない遺跡密集域は狩をメインとする集落本村であり、それにセットでついていた貝塚集落(出村)は現在の九十九里平野の下に全て埋没していると考えます。

なお、狩本村と貝塚出村がセットで社会構造を成していたと考えると、狩本村に貝塚出村から海産物等が届けられたに違いありません。したがって海産物を指標する何らかの痕跡が残っているに違いありません。狩本村と考えた遺跡の撚糸文層準から貝製品等が1点も出土しないのか、1点でも出土するのか、興味のある所です。

参考 縄文時代Ⅰa期(早期前葉・撚糸文期) 貝塚分布図
「千葉県の歴史 資料編考古4(遺跡・遺構・遺物)」から引用

4 参考 千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

稲荷台式土器の分布

縄文土器学習 199

縄文土器形式別出土遺跡分布図を作成しています。この記事では縄文早期の稲荷台式土器について検討します。

1 千葉県 稲荷台式土器出土遺跡分布図

千葉県 稲荷台式土器出土遺跡分布図
101遺跡がプロットされています。

千葉県 稲荷台式土器出土遺跡分布ヒートマップ
最大の遺跡密集域は成田空港付近ですが千葉県各地に遺跡密集域が見られます。

2 千葉県 稲荷原式土器出土遺跡分布図

千葉県 稲荷原式土器出土遺跡分布図
1がプロットされています。

3 参考 千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数


夏島式土器の分布

縄文土器学習 198

縄文土器形式別出土遺跡分布図を作成しています。この記事では縄文早期の夏島式土器について検討します。

1 千葉県 夏島式土器出土遺跡分布図

千葉県 夏島式土器出土遺跡分布図
152遺跡がプロットされています。後代の関山式(前期)、勝坂式(中期)、五領ヶ台式(中期)よりも出土遺跡数が多くなっています。千葉県縄文土器形式ランキングでいえば12位です。

千葉県 夏島式土器出土遺跡分布ヒートマップ
遺跡密集域(赤と青)の場所が前代の井草式の場所から北東方向に移動しているように観察できます。

2 参考 千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

井草式土器の分布

縄文土器学習 197

縄文土器形式別出土遺跡分布図を作成しています。この記事では縄文早期最初期の井草式土器について検討します。

1 千葉県 井草式土器出土遺跡分布図

千葉県 井草式土器出土遺跡分布図
101遺跡がプロットされました。

千葉県 井草式土器出土遺跡分布ヒートマップ
縄文草創期の遺跡密集域(成田空港付近)と近い場所に最大の遺跡密集域が位置しています。

2 考察

千葉県 縄文早期井草式遺跡ヒートマップ及び考察 円半径は20km
井草式土器が出土する日本最古の西之城貝塚が遺跡密集域中心から20km離れた場所に存在します。この関係から縄文早期のまだ海が狩場から遠かったころは狩のための本村と海の幸を獲得するための貝塚集落(出村)のセットが社会構造を形成していたと仮説します。
貝塚を伴わない本村と貝塚(出村)の関係は、図書「千葉県の歴史 資料編考古4(遺跡・遺構・遺物)」掲載図面からも、その文章記載はありませんが、読み取ることができます。

縄文時代Ⅰa期(早期前葉・撚糸文期) 貝塚分布図
「千葉県の歴史 資料編考古4(遺跡・遺構・遺物)」から引用

この早期社会構造仮説「貝塚を伴わない分水界台地の本村+貝塚を伴う到来海岸の出村」セットを草創期遺跡にも適用して既に2019.07.18記事「縄文草創期遺跡集中域が成田空港付近にある理由」を書いています。

3 千葉県 大丸式土器出土遺跡分布図

千葉県 大丸式土器出土遺跡分布図
2遺跡がプロットされています。
 
4 参考 千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

2019年7月18日木曜日

縄文草創期遺跡集中域が成田空港付近にある理由

縄文土器学習 196

2019.07.17記事「「千葉県縄文時代幕開けの地」と呼んだ成田空港付近の様子」で縄文草創期遺跡の遺跡密集域が成田空港付近にあり、その理由としてその場所の移動利便性が良いことをあげました。
その場所からどこに移動するために便利だったのか、移動先について思い当たる節がありますので想像してみました。

1 成田空港付近に縄文草創期遺跡集中域が立地する不思議
次の図は旧石器時代遺跡ヒートマップです。

千葉県 旧石器時代遺跡ヒートマップ
4か所の遺跡集中域が観察できます。これらの遺跡集中域は優良狩場であった可能性が濃厚な場所です。東内野(成田空港近く)は東内野湖があり絶好の狩場だったと考えられています。村田川上流部は台地が狭窄していて下総と上総を回遊する動物を特定の場所で確実に仕留めることが出来る場所として旧石器時代・縄文時代を通して下総で最も有名な狩場です。
なお、参考までに旧石器時代(最終氷期)の海岸線概略位置をプロットしてみました。千葉県旧石器遺跡は海岸線まで50km以上あり、旧石器時代遺跡は海と全く無関係(漁労とまったく無関係)であることが確認できます。
このマップを念頭において縄文草創期遺跡ヒートマップを見てみました。

千葉県 縄文草創期遺跡ヒートマップと素朴な疑問
旧石器時代に優良な狩場であった4か所のうち、東内野近くの成田空港付近だけが縄文草創期の遺跡密集域となっています。なぜ成田空港付近に縄文時代最初の遺跡密集域ができたのか疑問がわきます。その理由は必ず存在するはずです。
その理由が過去の学習を思い出すと薄々感じられますので、メモして今後の検討に役立てたいと思います。

2 井草式土器出土遺跡と西之城貝塚
草創期の次の早期初頭の井草式期の集落と貝塚の関係図を作ってみました。

千葉県 縄文早期井草式遺跡ヒートマップ及び考察 円は半径20km
縄文早期初頭の井草式期では集落密集域と貝塚が20km程度離れて存在していることが観察できます。
この頃の香取の海入り江は西之城貝塚付近にあったと考えることができます。
また、栗山川入り江も20km圏内にあり利用していた可能性があります。しかしその遺跡(貝塚)は沖積層の下に埋没してしまっています。
井草式期集落密集域が海岸線に出村(貝塚)を持っていたと考えると、この場所が香取の海入り江と栗山川入り江を利用できて最良の場所です。
古東京川方面では夏島貝塚の位置付近まで古東京川の入り江が入ってきていたと考えられます。つまり、縄文早期初頭頃は現在東京湾中央部付近はまだ海がやってきていない状況です。下総台地住人は現在東京湾方面の海が遠すぎてまだ利用できなかったのです。

当時の社会構造のパターンを「貝塚を伴わない分水界台地の本村+貝塚を伴う到来海岸の出村」という構造で捉え、その当時の海の進出状況を考えると、成田空港付近の場所が2つの海を利用できる格好の場所だったと考えることができます。

図書「千葉県の歴史 資料編考古4(遺跡・遺構・遺物)」の「貝塚」掲載地図でも貝塚を伴う遺跡と貝塚を伴わない遺跡の分布が表現されています。

早期前葉・撚糸文期の貝塚分布
「千葉県の歴史 資料編考古4(遺跡・遺構・遺物)」から引用

3 縄文草創期遺跡集中域が成田空港付近に現出した意味
2で検討した早期初頭の社会構造パターン(「貝塚を伴わない分水界台地の本村+貝塚を伴う到来海岸の出村」)が早期に初めて生まれたパターンではなく、草創期からすでに存在していたと考えてみます。そのように考えると草創期遺跡密集域が本村であり、貝塚出村は現在は沖積層の下に埋没して存在していると思考をつなげることができます。

千葉県 縄文草創期遺跡ヒートマップ及び考察。
縄文草創期には現在東京湾方面の海は遠すぎて利用(漁労)という面では問題外です。狩猟をメインにして漁労もサブ生業として取り入れるとするならば、東内野湖のすぐ近くでかつ香取の海入り江と栗山川入り江の双方が利用できる成田空港付近の場所が絶好の本村立地条件を提供します。

縄文草創期の貝塚は発見されていませんが、それは全て沖積層の下に埋没してしまった(あるいは波蝕台形成に伴う浸食作用で破壊された)からである可能性があります。2017.02.13記事「千葉県の貝塚学習 縄文時代早期前葉・中葉の貝塚が少ない理由」参照

海が狩場からまだまだ遠いため20km先に出村を設けてまで草創期・早期縄文人は漁労をしたと考えます。
草創期遺跡密集域の位置分析から、草創期から漁労が大切な生業であったと推察できました。

2019年7月17日水曜日

「千葉県縄文時代幕開けの地」と呼んだ成田空港付近の様子

縄文土器学習 195

2019.07.17記事「縄文草創期土器の分布」で草創期遺跡密集域が成田空港付近にあり、その場所を勝手に「千葉県縄文時代幕開けの地」と呼びました。この記事ではその幕開けの地の様子を観察してみました。

1 縄文草創期遺跡ヒートマップ

縄文草創期遺跡ヒートマップ
草創期遺跡密集域が成田空港に覆いかぶさるように分布しています。
縄文草創期遺跡ヒートマップ
遺跡密集域の地形をみると大須賀川源流域、根木名川の支流数本の源流域、栗山川の支流高谷川源流域にあたります。香取の海と九十九里に流れる河川分水界に位置する特殊な地勢の場所です。またすぐ近くは印旛沼水系高崎川源流域になります。
草創期縄文人は九十九里の海、香取の海、印旛沼(の海)にすぐ行けるという移動条件が最高の場所を選んで定住し、その付近が千葉県最初の縄文集落密集地になったと考えます。
これまでの学習で、縄文中期後期の発展期には遺跡密集場所が東京湾水系と印旛沼水系の分水界付近にたびたび現出する様子を観察してきました。その観察を踏まえると、九十九里の海、香取の海、印旛沼(の海)の分水界付近に遺跡密集地があらわれる原因は生業上の便利もあると思いますが、本質的には各地に散らばった仲間との連絡交流の便利が最大のものであったと想像します。谷津を下って水面を丸木舟で移動する。台地尾根筋を徒歩で移動する。その交通の便の良い場所で定住生活がたびたび営まれ、結果として遺跡密集域になったと思います。
次にこの場所が前代の旧石器時代はどうであったか、参考に観察してみます。

2 参考 旧石器時代遺跡ヒートマップ

旧石器時代遺跡ヒートマップ

旧石器時代遺跡ヒートマップ

縄文草創期遺跡と同じ方法で旧石器時代遺跡ヒートマップを描いてみました。成田空港付近は遺跡密集度が2番目の青であり、旧石器時代もこの場所が盛んに使われていたことが判ります。しかし旧石器時代の最高遺跡密集域は成田空港付近から少し離れた東内野付近になります。東内野付近も分水界に位置しますが大須賀川などからは離れて交通の便という意味では魅力が乏しくなる空間です。
旧石器時代は定住生活がないので、その場所から各地に移動することが便利だという条件は遺跡の存在とあまりかかわらないのだと思います。狩がしやすい場所が遺跡として残ったと考えます。
東内野は既往発掘調査でその場所に湖があり良好な狩場であったことが判っています。

参考 東内野遺跡説明資料
「印旛の原始・古代-旧石器時代編-」(財団法人印旛郡市文化財センター、平成16年)より引用

3 メモ
旧石器時代には成田空港付近も狩場として使われたけれども、すぐ近くの東内野湖付近ははるかに優良な狩場であったので、その場所が遺跡密集域として残ったと考えられます。
この旧石器時代情報と縄文草創期情報を一緒に考えると、縄文草創期の成田空港付近遺跡密集域の成立最大要件が定住条件の一つとしての移動便利性にあるように感じることができます。

縄文草創期土器の分布

縄文土器学習 194

縄文土器形式別に出土遺跡分布図を作成しています。これまでに加曽利E式から晩期荒海式までの遺跡分布図を作成しました。この記事から草創期土器から時間を追って勝坂式土器までの遺跡分布図作成を順次行い、千葉県に関係する縄文土器形式全部の出土遺跡分布図作成を完成させることにします。

1 千葉県 隆起線文土器出土遺跡分布図

千葉県 隆起線文土器出土遺跡分布図
9遺跡がプロットされています。

2 千葉県 爪形文土器出土遺跡分布図

千葉県 爪形文土器出土遺跡分布図
2遺跡がプロットされています。

3 千葉県 多縄文土器出土遺跡分布図

千葉県 多縄文土器出土遺跡分布図
4遺跡がプロットされています。

4 参考 千葉県 有舌尖頭器出土遺跡分布図
早期~晩期遺跡の時期区分はほとんどすべて出土土器を指標に行われていると考えられます。しかし草創期遺跡は土器が出土しないものも多くあります。土器だけを指標にして草創期遺跡を見つけることはできません。
草創期特有の石器として有舌尖頭器がありますので、その分布図を作成しました。これらの遺跡は草創期遺跡であると言えます。

千葉県 有舌尖頭器出土遺跡分布図
30遺跡がプロットされています。
なお、草創期特有の出土物として矢柄研磨機がありますが、データベースには矢柄研磨機の記載はありませんでした。

5 千葉県 縄文草創期遺跡分布図
草創期土器出土と有舌尖頭器出土等を指標にして縄文草創期遺跡分布図を作成しました。

千葉県 縄文草創期遺跡分布図
48遺跡がプロットされています。
草創期遺跡における土器出土状況は次の通りで土器を指標に草創期遺跡としたものは全体の1/3です。まだ土器が十分に普及していなかったために遺跡では必ず土器が出土する状況が生れていなかったと考えます。どの縄文人グループも定住的生活を送り土器を作って使っていたけれども、その数が少なかったと解釈しておくことにします。

草創期遺跡における土器出土状況


千葉県 縄文草創期遺跡分布ヒートマップ
遺跡密集域が成田市の成田空港付近に出現します。
この付近を千葉県縄文時代幕開けの地と呼んでよいのかもしれません。
この幕開けの地を次の記事で詳しく観察することにします。

6 参考 千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数

千葉県縄文土器形式別等出土遺跡数